妊娠した後、薬の服用に敏感になってしまうのは自然な気持ちの動きです。それは、自分の体の中にもう一つ生命体が宿っているからです。自分だけならよいですが、赤ちゃんに害がでてしまったら。。と心配になりすぎないようにしっかり知識をつけておきましょう。

14,696views 0
目次

妊婦でも市販の風邪薬を飲んで大丈夫?
市販の葛根湯について
のどの風邪に天津感冒片
鼻水に小青竜湯
妊娠中、風邪薬を飲むとどんな影響があるのか?
つらいときには病院へ
妊婦の風邪予防対策は?
妊婦でも市販の風邪薬を飲んで大丈夫?

婦人科のスタッフがよく受ける質問の1つに妊娠中の薬の服用が挙げられます。
妊娠が明らかになった後、自己判断で「いつも風邪を引いた時にはこの薬」などと妊娠前にいつも飲んでいた薬を飲んでしまってはいけません!

お腹の中の赤ちゃんを守ってあげられるのはお母さんだけです。
市販の風邪薬と妊婦について
市販の風邪薬といえば、テレビのコマーシャルであったり電車の広告であったりメディアにより簡単に知ることができます。

しかし、世の中には、妊婦さん用の風邪薬というコマーシャルはありませんね。
妊婦さん用に薬を特別に製薬会社が開発することは、ほとんどないのが現状です。

理由は、薬は成人男性を基準に開発しているからです。
しかし、中には対象者を限定して治験段階で小児に対してまたは妊婦に対しての安全性を検証しています。

市販の医薬品を売っているドラッグストアには、登録販売員という薬の知識を持つ従業員も多くいます。
市販の風邪薬を購入する際には、いつも常備している風邪薬をチョイスするのではなく薬剤師や登録販売員に自分が妊娠中である旨を伝えましょう。

妊婦に対して安全性の高い薬かを専門的に教えてくれます!!

葛根湯
hair_atelier_bond

葛根湯は、漢方から抽出したエキスのことです。この漢方は、市販医薬品を扱っている薬局でも、医師が処方した処方箋でも取り扱いのある風邪薬です。

風邪の引き始めに見られる悪寒などを緩和させる効果のある穏やかな効き目の漢方薬です。病院からも妊婦さんに処方される風邪薬です。

ただ葛根湯のような漢方に独特な匂いと味があるため、錠剤、液体、顆粒と製剤に工夫がされていて顆粒で飲みにくい場合にはオブラードなどを利用して飲むようにすると抵抗なく服用できるでしょう。
栄養ドリンク
arico.l

最近では、多種類の栄養ドリンクが売られています。
疲れた…肌の調子が悪いなどの状況で、闇雲に栄養剤を服用するのはよくありません。

ただ、妊娠期間中は多くの栄養が必要ですし、疲れやすいので、ドリンク剤にはラベルをよく見てから飲むようにしましょう。ドリンク剤にはラベルが貼ってあります。そこに「産前産後の栄養補給」と書かれているものであれば飲んでもよいでしょう。

また、栄養剤の中にはカフェインが多く含まれている商品が多く存在しますので飲むのであればノンカフェインのものをチョイスして飲むようにしましょう。

おススメはプレシャスヴィータと チョコラBBドリンクIIです。

プレシャスヴィータは、粉ミルクを製造販売したり婦人科での栄養指導も積極的に行っている会社の製品ですし、チョコラは栄養ドリンク大手のエーザイが製造販売しているものです。

もし服用に対して疑心暗鬼になってしまったら、お店の薬剤師に質問して妊婦が服用しても大丈夫か確認をしましょう。
ページTOPへ
市販の葛根湯について

葛根湯は、市販医薬品販売が行われている薬局で簡単に手に入りますし医師による診断により処方箋でも投薬されるメジャーな風邪薬の1つです。

市販されている葛根湯の中では、漢方薬を専門に製造販売しているツムラとクラシエが有名です。
両者共に、日本を代表する漢方薬専門の製造販売会社です。

同じ葛根湯の薬でもメーカーの違いにより若干成分量が異なったり、服用回数が異なったりの違いがあります。しかし、両者共に同じなのは、商品の中に入っている薬の説明書の使用上の注意事項内容です。

「薬を飲む前に医師、薬剤師または販売登録員に相談しましょう」と注意書きが書かれていますがその中に
・妊婦または妊娠と思われる人
とあります。

そのほかにも現在医師から診断を受けて投薬中の人や発汗傾向の強い人、むくみや排尿障害、高血圧などなどが服用する前に相談することとなっています。

理由は、この葛根湯の構成成分と他の薬を併用することによって相互作用を起こしてしまう恐れがあるかを確認する必要があったり構成されている成分自体ににアレルギー反応があったり、服用することによって安全性が損なわれこともあるため、専門家に相談することにより安全に服用して大丈夫か?を確かめる必要があるからです。
ツムラの葛根湯
ツムラの葛根湯は、1日2回の服用のタイプが多く見うけられます。

成分は
1日の服用は合計2包(5.0g)で、中には下記の割合の根湯エキス(2/3量)2.5gが含まれています。

カッコン 2.68g
タイソウ 2.01g
マオウ 2.01g
カンゾウ 1.34g
ケイヒ 1.34g
シャクヤク 1.34g
ショウキョウ 1.34g

です。
【第2類医薬品】ツムラ漢方葛根湯エキス錠A 60錠
Amazonsponsored
【第2類医薬品】ツムラ漢方葛根湯エキス錠A 60錠

¥691 (2016/04/19 13:38時点)

販売サイトへ
クラシエの葛根湯
クラシエの葛根湯は、1日3回の服用のものが多く

成分は、

1日の服用は3包(1包1.5g)で、葛根湯エキス(3/4量)3,900mgを含んでいます。

カッコン6g
マオウ・タイソウ各3g
ケイヒ・シャクヤク各2.25g
カンゾウ1.5g
ショウキョウ0.75g

です。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包
Amazonsponsored
【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包

¥1,160 (2016/04/19 13:38時点)

販売サイトへ
葛根湯の効果効能とは?
葛根湯の効能効果は、

・ぞくぞくしたさむけや発熱
・首筋や肩のこわばりのある風邪の初期
・頭痛、肩こり、筋肉痛

です。

風邪の初期の症状によく使われる漢方薬です。
ページTOPへ
のどの風邪に天津感冒片
効能や服用方法について
天津感冒片は、てんしんかんぼうへんと読みます。第2類医薬品として市販医薬品が売られている薬局で手に入ります。
イスクラ産業の製品が有名ですので、この漢方薬製造販売を取り扱っている薬局で購入できます。
また、最近ではネット通販で医薬品の購入もできるようになっています。

しかし、妊娠中の薬の服用はなるべく薬を購入する際には医師や薬剤師、薬局に居る販売登録員に相談した後に購入するほうがよいでしょう。

効能効果は、

・かぜによるのどの痛み(熱性の、のどの痛み)、・咳、 ・頭痛などの風邪の諸症状に有効と言われています。

金銀花、連翹をメインに構成されている漢方薬で、特にのど痛みに効果的といわれています。

どこで購入できるか?
suzuroneco

天津感冒片は、漢方薬です。

市販の医薬品を取り扱っている薬局で売られています。購入する前に、妊娠していること、鼻水が出ること、天津感冒片という薬についての説明が受けたいとお店の登録販売員や薬剤師に相談しましょう。
ページTOPへ
鼻水に小青竜湯

効能や服用方法について
小青竜湯は、しょうせいりゅうとうと読みます。
これも、漢方薬です。

この小青竜湯の成分には
発汗作用
体の熱や腫れ
痛みを発散させるものが入っています。

この漢方薬も、市販の医薬品を取り扱っている薬局で市販されています。
医師に受診して処方箋でも得られる薬です。

葛根湯との違いは、同じ風邪でも抗アレルギー作用が認められていて鼻水を伴う風邪によく処方されます。水分バランスを調整する働きがあるからです。

効能効果は、
鼻カゼ
アレルギー性鼻炎
アレルギー性結膜炎
気管支喘息
花粉症など

です。
くしゃみや水っぽい鼻水がたくさん出るときに処方される漢方薬です。
市販されている小青竜湯は、ツムラのものがよく売られています。

1日2包(4.5g)中に、小青竜湯エキス(1/2量)2.5gが含まれています。

ハンゲ 3.0g
カンキョウ 1.5g
カンゾウ 1.5g
ケイヒ 1.5g
ゴミシ 1.5g
サイシン 1.5g
シャクヤク 1.5g
マオウ 1.5g

です。
ツムラの漢方顆粒シリーズ「小青竜湯」

どこで購入できるか
teruchan9170

小青竜湯は、とてもメジャーな漢方薬です。

市販の医薬品を取り扱っている薬局で売られています。購入する前に、妊娠していること、鼻水が出ること、小青竜湯という薬についての説明が受けたいとお店の登録販売員や薬剤師に相談しましょう。
ページTOPへ
妊娠中、風邪薬を飲むとどんな影響があるのか?

妊娠中の心配事にひとつに、薬の服用があります。妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるので、お母さんとしては自分の体調管理と赤ちゃんの健康管理と守るべきものが増えます。

お母さんにとって、今まで平気で服用していた薬が、赤ちゃんにとってはものすごく多い量だったり
毒になったりするのです。その薬が体内で胎盤を通して赤ちゃんにも移行しまうものは妊婦さんが飲んではいけない、または安全性が100%確立されてない薬も多々あります。

風邪薬の場合は、あまり神経質にならなくとも大きな心配はありませんが、妊娠が分かったあとは自己判断で薬を飲まないでかかりつけの医師にまずは相談をするようにするのがベストです。
赤ちゃんへの影響は?
同じ風邪薬とはいえ市販されている薬と医師による処方箋の薬とは効果に違いがあります。

分かりやすく言うと、市販の風邪薬は病院から処方される薬に比べて含まれている薬の量が少なめなのです。量が少なめに設定されているので、効果も比較的穏やかです。

ただ、薬の服用時期で気をつけないといけないのは妊娠4から12週目の間と言われています。この間は、慎重になりましょう。また、それ以外の時期でも風邪薬の中には赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう薬もあります。

解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬などの類です。

大量に服用すると、赤ちゃんに影響を及ぼす成分が含まれているものがあります。また、 長期連用や妊娠末期の服用で問題になる成分もあるため、絶対に自己判断による服用は避けましょう。

もし、 妊娠中にとてもひどい風邪を引いてしまった場合は、自己判断で薬を服用せずに、必ず妊娠していることを告げて医療機関に受診しましょう。しっかり相談して、妊娠中であっても安全性の高い薬を処方してもらいましょう。
妊娠中の薬の服用について | 横浜市の婦人科・産婦人科なら【的野ウィメンズクリニック】

横浜の白楽駅にて婦人科、産婦人科を診療している的野ウィメンズクリニックです。妊婦健診をはじめピル処方、プラセンタ等取り扱っております。当院で健診を受ける妊婦さんは4Dエコーが無料です。

服用できる時期とできない時期があるので注意
妊婦さんの薬の服用で特に注意が必要な時期は、

「妊娠4〜12週」
と言われています。

理由は、この時期に体の中枢神経をはじめ、
心臓や手足などの大切なな臓器器官の形成時期にあたるからと言われています。

また、なかには妊娠後期に服用を避けるべきものもあります。

赤ちゃんへ影響を考えて、妊娠中に薬を服用する際にはかかりつけの医師の指示を仰ぐようにしましょう。
ページTOPへ
つらいときには病院へ

がまんせずに病院に行きましょう!
妊娠中は、風邪をひいても体調が悪くてもひたすら我慢をする妊婦さんがいますが、あまりに我慢するのは母体にも赤ちゃんにもよくありません。

体調の変化を感じたら、なるべく早い段階で受診するのがおススメです。医師から、薬を処方するほどではないとコメントされたら、家でなるべく安静にすごせますし、いろいろな側面からアドバイスが受けられて心強いでしょう。
処方された薬の服用

病院を受診する際には、また保険調剤をしてもらう際には、妊娠中であることを必ず告げましょう。

妊娠については、医師や薬剤師から「妊娠中ですか?」と聞いてくれることはありません。

初診の際には、病院でも薬局でも細かな問診表やアンケートにて既往歴や症状を記入しますが、2回目以降は簡単な問診表に記入で終わることが多いです。しっかり、自分が妊娠していることを告げるのが前提です。

それによって、医師は妊婦に安全性の高い薬を処方します。念のため、薬の専門家である薬剤師に薬を調剤してもらう際にも「妊娠中ですが、これらの薬を服用しても赤ちゃんに影響は出ませんか?」と聞いてみましょう。

妊娠中でも安全性の高い薬であると回答があったら精神的に気持ちが安定しますが、症状がひどいときには安全性と有効性を比較して医師により症状緩和を優先する処方がなされる場合もあるようです。とにかく、医師にも薬剤師にも妊娠中であることをはっきりと告げるようにすることが大切です。
病院から処方される総合の感冒薬
病院から処方される風邪薬には東洋医学の分野である葛根湯や小青竜湯などの漢方薬と、西洋医学の分野の総合感冒薬とがあります。総合風邪感冒薬でよく処方されるのは、「ピーエイ」という商品の薬です。

このピーエイは、風邪の感冒薬としてはとてもメジャーですが、妊婦や授乳中の患者さんへの投薬に関しては注意があります。

まず、
①妊婦(12週以内あるいは妊娠末期)又は妊娠している可能性のある婦人には, 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

理由は成分の中にあるサリチル酸製剤(アスピリン等)で,動物試験(ラット)で催奇形性作用が,
またヒトでは妊娠末期のアスピリン投与により、患者とその新生児に出血異常が現れた報告があるからです。

➁ 妊娠末期のラットにアセトアミノフェンを投与した試験では,弱い胎児の動脈管収縮が報告されました。

➂ 授乳婦には長期連用を避けましょう。
(カフェインが母乳中に移行します)

以上の観点から、医師とよく相談して服用するようにしましょう。
短期の間では特別に心配することはないと言われていますが、長期の服用は避けた方がよいでしょう。
*ピーエイ配合錠

ページTOPへ
妊婦の風邪予防対策は?
手洗いうがい

子供のころに学校で、外から帰ってきたら手洗いうがいをするように先生から指導を受けます。この手洗いやうがいは、軽く見てはいけません。毎日、知らず知らずに多くのものや人に触れています。その分、想像以上に細菌などの微生物が付着しています。

形式ばかりの手洗いうがいで間違ったやりかたのままでは、手洗いやうがいの効果は得られません。

うがいの予防効果について、最近、京都大学のグループよって、科学的な有効性が立証されました。立証の結果は、「うがい群」「何もしない群」の2つを比べると、かぜの発症率が40%減ったというものだったそうです。

睡眠と食事
風邪で病院に受診すると、医師から体を休めて栄養を取ることを勧められます。これには、根拠があります。風邪を引いてしまう原因には、免疫力の低下と体の冷えがあげられます。

風邪の時ほど、足りていないビタミンやアミノ酸、カロリー摂取量を多くして体を温め、十分な睡眠と休息が必要になります。しっかりエネルギーを蓄えて体の免疫力を元の状態に戻せば、特別に薬を服用しなくても体が自らを治癒してくれるのです。

マスクをつける

冬になると、電車の中や人ごみの多いところでは、マスクを装着している人を多く見ます。

このマスクは、使用用途は人それぞれですが風邪を引いているひとは咳の拡散を防ぐためのエチケットとして、反対に風邪をもらわないようにするための予防として。。。さまざまです。

他にもマスクを装着する大切な理由としては、「鼻や粘膜を乾燥させないため」というものがあります。
これが、風邪の予防にはとても大切なのです!!

というのも、風邪のウイルスや冬場に流行るインフルエンザウイルスは、乾燥や寒さを好むからです。
ウイルスが粘膜から感染するため、ウイルスが好む状況である粘膜の乾燥を避けて潤してあげるだけで
かなりウイルスの感染が予防できるのです。

部屋の加湿
冬になると多くの家庭や職場で加湿器をフル回転させます。

理由は、空気を乾燥させると、肌はかさかさ、のども乾いてしまい、室温も下がります。このような寒くて乾燥している環境は、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスにとっては最高の環境なのです。冬は、特に暖房を効かせますので、室内にいると喉や鼻といった粘膜も当然ですが乾燥しがちになります。

マスクの装着同様、ウイルスは粘膜から直接感染するので、部屋を乾燥させないように加湿器を利用するすることで風邪の予防にもつながります。ぜひ、冬は加湿器を使用して部屋がからからに乾燥しないようにしましょう。
ページTOPへ
まとめ
自分ひとりの体ではないから…、とどんなお母さんも妊娠中の体調管理には気をつけています。しかし、体質もかわり免疫も落ちてしまうのが妊娠中でもあるのです。薬に頼らないように普段からの予防を大切するようにしましょう。