今月も生理が来たなと思っていたら、なんだか調子が悪い。病気かな?と思って病院に行ってみたら「妊娠してます」と言われてびっくり!妊娠してるなら何で今月生理が来たの!?とびっくりしてる方へ、生理についての基本となぜ妊娠しているのに生理が来たかについて詳しくまとめていきます。

1,625,103views 2
生理周期前までほぼ同じ!?生理と妊娠ではどう違うの?
もう一度確認!生理は受精しなかった卵を排出した後に起こる
ピン

Pinned from jezebel.com
みなさんもご存じかと思いますが、今一度確認のために解説します。女性は毎月1つの卵(卵子)を卵巣から排出し、これが受精に至らなかった場合そのまま排卵となります。そして使うことのなかった子宮内膜がはがれて落ちてくる現象を生理(月経)と呼びます。生理は毎月1回起き、新しい子宮内膜へと作り変えられていきます。

そもそも子宮にある内膜は受精した卵子をお腹の中で育てる「赤ちゃんのベッド」としての役割を持っています。このため毎月赤ちゃんが来るための準備をし、使われない場合は生理として排出されるわけです。子宮内膜の厚みには個人差があり、体調の変化やホルモンバランスの乱れによっても左右します。これが生理の量が変化する理由です。
ばらつきはあるけれど、月経の周期はおよそ25~38日
月経周期は月経が来た日を1日として、次の生理が来るまでの日数をいいます。人によって早かったり遅かったりしますが、特に健康に問題がない場合はだいたい25~38日の周期で訪れます。風邪やストレスなどにより体調が悪化した場合は、前後1週間ほどずれますがほぼ同じ周期で生理が来るとみていいでしょう。

生理の間隔は「エストロゲン」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つのホルモンのバランスで起こっています。エストロゲンの血中濃度が高まると黄体形成ホルモン(LHホルモン)が分泌され排卵が起こります。そしてエストロゲンと黄体ホルモンの濃度が低下すると出血、いわゆる生理が起こります。排卵前を「卵胞期」排卵後を「黄体期」と呼ばれています。

自分はどのくらいの周期に該当するかを調べるためには、基礎体温を測ることと毎月の生理を記録しておくこおとが一番早いと思います。婦人科にかかる際には必ず基礎体温をつけているかということや生理周期についても聞かれるので、今の自分の状態がすぐにわかるようにしておくことはとても重要です。
妊娠すると体内のホルモンはどうなるの?
排卵期に受精があった場合、子宮内膜に受精卵が着床しその後心音や卵胞が確認できて初めて妊娠となります。この時の体内のホルモンの状況ですが、生理直前まではほぼ同じです。妊娠後は生理の時と違って黄体ホルモンが低下せず、そのまま分泌されます。このため体温が高くいわゆる「高温期」が続くことになります。

また妊娠が成立したときだけ、女性の尿中にhCGホルモンが検出されます。妊娠検査薬はこのhCGホルモンを検知して陽性と陰性を判断しています。妊娠後の女性の体はhCGホルモンによってエストロゲンと黄体ホルモンの分泌を保ちつつ胎盤の成長を促進させていきます。このため妊娠すると生理は出産後数か月まで訪れなくなります。
生理が来たら妊娠しないんじゃないの?
妊娠の原理から言えば、生理は来た場合は妊娠していない。
ピン

Pinned from yourtango.com
先ほど説明した通り子宮内膜が赤ちゃんのベッドであり、それが排出されるということであればそれは生理であり妊娠はしていないといえます。基礎体温をつけている人ならわかるかと思いますが、生理日の体温は高温期からがくっと下がります。こういった判断基準からも生理が来た場合の妊娠は可能性としてはないといえます。

「生理日直後は安全日」は大間違い!
「じゃあ、生理が来るときにセックスをすれば妊娠しないのでは?」と思うかもしれませんがこれは大きな間違いです。女性の周期は大きく4分割されてそれぞれ月経期・卵胞期・排卵期・黄体期となっており、一見すれば月経期より2週間ほど先のように見えます。

しかし排卵期は卵胞期と黄体期に被った状態の期間であり、さらに言えば生理直後から排卵日までは「妊娠しやすい時期」として認識されています。子供を望まない場合は、生理が終わりかけだからと安易に性行するのは危険といえるでしょう。

また卵子は月に1個だけ排卵され生存期間も1日と短命ですが、精子の生存期間はおよそ1週間といわれています。性行をした日が排卵日じゃなかったとしても、生理日以降では精子が生存している可能性がありやはり妊娠の可能性があります。
生理前なら安全日?排卵のメカニズム
排卵期もダメ、生理直後もダメ。じゃあいつが妊娠しない期間なんでしょう。女性の卵子は月に1回排出され、生命力も1日と説明しました。ということは、排卵が終わった後から生理前であれば妊娠が成立しない確率が高くなります。ただし、この場合はきちんと自分の排卵日を把握しておく必要があります。

日本では薬剤師がいるお店のみの販売ですが、排卵検査薬というものも存在します。これは排卵の際にLHホルモンが分泌されるので、これを判断基準にして排卵を特定するという検査薬になります。ただし、これは妊娠を希望される女性が使用するためのもので、避妊目的に使用するのは避けていただい所です。

またLHホルモンも人によって分泌の量に差があり、常にLHホルモンが分泌されている人もいます。甲状腺の過剰刺激でLHホルモンが分泌し続けている場合はこの検査薬は役に立ちません。また、基礎体温をつけていたとしても生理不順などでグラフが正常でない場合はこれも判断の対象にはなりません。

安全日を特定するのは非常に難しく、妊娠を望まない人の場合は避妊を徹底することが一番だと思います。また避妊目的だけでなく生理不順やPMSの改善にピルを服用するのも一つの手段かもしれません。
ごくごく稀に生理が来て妊娠したケースはある
たまに妊娠しているのに全然気が付かなかったって人、いますよね。その中には妊娠しているにもかかわらず生理が毎月来て居ていたというとてもレアなケースの人が存在します。子宮内膜が剥がれることになるので妊娠継続は理論上はできないはずですが、これは人間の神秘というか母体の神秘といえるでしょう。

これといった自覚症状がない場合、また毎月ちょこっとだけ出血する場合があればもしかしたらこれは生理が来ているのかと勘違いしてしまうのかもしれませんね。しかしこれは本当にレアケースであって、大多数の女性にはこのような事例は該当しないので、まず起こらないと考えていいようです。
生理が来ても妊娠する可能性があるのはこんなケース
生理だと思ったら着床出血だった!
ピン

Pinned from huffingtonpost.com
経産婦さんのブログを見ていても多いのがこのケースです。受精卵が着床する際子宮内膜に潜り込むのですが、その際に出血し生理と勘違いするというものです。生理の経血も着床出血も同じ子宮内膜からできているので生理と間違えても仕方がないと思います。

見分けるポイントは2つです。出血の量や期間がいつもと比べて少ないか?基礎体温表を見て高温期が続いてる中での出血か?出血の量が少なく、基礎体温が高温期のままで推移していればおそらく着床出血によるものだと判断することができます。

着床出血だった場合は、出血の7日後にはおそらく妊娠検査薬で陽性の反応が出るかと思います。まずはそちらを確認して、陽性反応だった場合には産婦人科を受診してください。着床出血事態は赤ちゃんに影響があるわけではないので特に心配する必要はないと言われております。
妊娠初期でもし葉酸サプリをまだ摂っていない人はまず葉酸サプリの摂取を

妊娠中の人や、妊娠を希望している女性は毎日400μgの葉酸を食事以外のサプリメントなどから摂取することを、厚生労働省によって推奨されています。ベルタ葉酸サプリは、毎日きちんと飲めばこの400μgという量を摂取することができるようになっています。

このベルタ葉酸サプリは酵母葉酸を使用していて、通常の合成葉酸と体内での吸収力でかなりの差があり、体内に葉酸を長く滞在させることが出来るので人気商品となっています。

赤ちゃんのためにも自分自身が女性らしくいるためにも必要なビタミンやミネラルなどの栄養素をまとめて摂取できるので、その効果がクチコミで一気に広がり話題になっています。

さらに詳しく見る
生理だと思ったら子宮膣部びらんによる出血だった!
20~30代の女性は女性ホルモンの分泌が多く、妊娠した場合に子宮膣部が膨らみただれた状態になっていることで起きる出血です。この場合少し刺激が加わっただけでも出血してしまうため、生理と勘違いすることも多いです。妊娠している場合女性ホルモンの分泌が多いので子宮膣部びらんになりやすいですが、妊娠には支障はないので安心してください。

子宮膣部びらんは痛みがない上に、月経のある女性の7割にみられる症状ということで特に痛みを感じることがなければそのままでも大丈夫です。出血が増えたり痛みを感じるようであれば感染症の疑いがありますので、婦人科を受診して適切な治療を受けてください。
生理だと思ったら絨毛性出血だった!
妊娠した後胎盤を作る過程で沢山新しい血管を体内に作ります。その時に出血することを絨毛性出血と呼びます。長くダラダラと少量の出血が続くことが特徴で、生理と勘違いしやすいもののひとつです。安静にしていればしばらくすると止まるものなので、赤ちゃんが問題なく成長していればほっといても大丈夫です。ただし、ほかの病気の可能性もありますので婦人科できちんと相談した上で判断してください。
気づいたらすぐ病院へ!異常妊娠による出血を生理と間違えるケース
子宮外妊娠だった
ピン

Pinned from consumerhealthdigest.com
1
受精卵が卵巣や卵管で詰まってしまい、そこに着床するケースを子宮外妊娠と呼びます。強い痛みを伴う出血が続き、「重い生理かな?」と勘違いしがちです。そのまま成長していくと卵管が破裂するなどといった怖い事態になります。

早期であれば投薬治療もできますが、ある程度の大きさになっていた場合は開腹手術となり肉体的にも精神的にも負担がかかります。子宮外妊娠は思ったよりも起こりやすい異常妊娠です。自分の通常の生理と比較してみて変化を感じ取ることがカギとなります。

子宮外妊娠は異常妊娠ですので、そのまま育てることはできません。また場合によっては卵管や卵巣の摘出を行う可能性があります。おかしいと思ったら早めに婦人科に相談してください。
胞状奇胎による出血だった
受精卵が子宮内膜に着床したときに胎盤の組織が異常に増えて、水泡上になって子宮を覆いつくします。その際に下腹部に痛みを感じ、茶色い出血がおこります。出血の量は少ないので生理が短いと感じる人もいるかもしれません。

これは妊婦さんの400~500人に1人に起こるといわれているケースで、異常妊娠に該当します。胞状奇胎と判断された場合妊娠の継続は不可能で、流産と同様に胞状奇胎の部分だけを除去する手術か子宮の全摘出となります。これは40代以降は除去手術後絨毛がんになる可能性が高いと言われております。
知らない間に妊娠していて、生理が来ちゃったケース
生理が来たと思ったら妊娠していたが、科学的流産していた
ピン

Pinned from all-about-photo.com
最近は妊娠検査薬がドラッグストアなどでも手に入れることができ、自宅でも簡単に妊娠判定ができるようになりました。その結果今までは流産だとわからなかった初期の妊娠も判定できるようになり、その後流産してしまうということがわかるようになりました。

この場合は妊娠していたことに気が付かず科学的流産を生理だと思ったケースです。科学的流産は通常の排卵とほぼ同様で、受精卵が着床できずに排出されて子宮内膜がはがれたことによる出血なので、特別な処置は必要ありません。妊娠継続もしていないので、そのまま次の生理を迎えることになります。
生理が来たと思ったら、初期流産だった
生理が来なくなって、おかしいなと思ったら妊娠していた。でもその後出血があったというのはよくあるケースでほとんどの場合は安静にしていれば赤ちゃんの成長には問題ないものが多いです。しかし妊娠初期の段階で急につわりが消えたと思ったら要注意です。出血も伴っていれば初期流産の可能性は非常に高いです。

妊娠12週目の流産は主に染色体異常が原因なので、妊婦さんがどんなに頑張っても止めることはできない自然現象です。この場合は自然排出か、流産と同様の処置(中を掻き出す)方法による処置となります。受精卵の染色体異常は特に珍しいわけではないので気を落とすことなく、次回へ望みをつなぎましょう。
生理と妊娠の違いを判断するために
ピン

Pinned from consumerhealthdigest.com
4
いかがでしたか?まとめてみた限りでいえば生理が来ることは妊娠が成立しなかったということで、生理後に妊娠した!という人のほとんどは着床出血であったり、ほかの要因での出血であったことがほとんどです。赤ちゃんを包む子宮内膜が剥がれるということは赤ちゃんが育ちませんものね。

また近年の医療や検査薬の進歩によって、今までは見つからなかった段階での妊娠が確認できてしまったための初期の流産もわかるようになってきました。通常の妊娠できる割合は20~30代でも25~30%ほどです。深く悩まないようにして、日常生活を過ごしていくことも大事ですね。

生理かどうかを判断する基準は、日ごろから自分がどの周期でどのくらいの量が何日続くかを把握しておくことが大事です。いつもと違う色、におい、腹痛などの痛み、熱などで病気や妊娠を判断できる材料になります。また妊娠検査薬で妊娠判定することも大事ですが、日ごろから基礎体温をつけて自分の体が今どういう状態なのかを把握しておくことも大事だと思います。