ハイドロキノン入り化粧品は、シミが気になるかたに大注目されている成分です。海外では治療薬としても使用されていて、日本での使用が許可されてから間もないといわれているハイドロキノン入り化粧品についてご紹介していきます。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
ハイドロキノン入り化粧品で美白ケア
ハイドロキノンってどんなもの?
皮ふを紫外線などの損傷から守る作用
米国では医薬品として美白効果が認可
酵素チロシナーゼの働きを抑制
メラニンの色を薄くする還元作用
ハイドロキノン入り化粧品の気になること
ハイドロキノンの濃度について
スポットタイプ・スキンケアタイプの違い
ハイドロキノンの注意点
市販はどこで買えるの?
ハイドロキノン入り化粧品のおすすめ商品
オバジ
アンプルール
サンソリット
資生堂HAKUも美白におすすめ
ハイドロキノン入り化粧品でメラニン退治
ハイドロキノン入り化粧品で美白ケア
ピン

ハイドロキノンは、生成されてしまったメラニン色素を薄くしてくれる効果がある成分で、海外では大分前から注目されていましたが、日本でもやっと許可が出たようで、シミ対策などの化粧品にはハイドロキノン入りのものが増えているようです。

ハイドロキノンを初めて聞いたというかたや、耳にしたことあるけど、どんな成分だかわからないという方のために特徴やハイドロキノン入りの化粧品についてご紹介していきます。

ハイドロキノンってどんなもの?
ハイドロキノンとは、どのようなものなのか一先ずご紹介していきます。ハイドロキノンは、皮ふを紫外線などの損傷から守ってくれる作用があり、米国では医薬品として美白効果が許可されているといわれています。酵素チロシナーゼの働きを抑制してくれてメラニンの色素も薄くしてくれる還元作用もあるといわれています。それでは、早速詳しくみていきましょう。

皮ふを紫外線などの損傷から守る作用

ハイドロキノンは、皮ふを紫外線などの損傷から守る作用があるといわれています。ハイドロキノンは、イチゴ、ブルーベリー、そしてコーヒーといったものに含まれる物質なのも驚きです。

米国では医薬品として美白効果が認可

ハイドロキノンは、米国で医薬品として美白効果が許可されているといわれています。皮膚の漂白目的で患者さんたちに治療薬として処方されてきたものといわれています。

日本で販売されている市販のハイドロキノン配合の化粧品は、2%までしか配合が厚生労働省による許可が出ていないため、それ以上の濃度を求めるかたは皮膚科での処方となっているようです。

酵素チロシナーゼの働きを抑制

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの生成に必須といわれる酵素チロシナーゼの働きを抑制してくれるといわれています。ただ、ハイドロキノンの配合量にもよるといいます。

市販のハイドロキノン配合の化粧品のなかでも安いものはハイドロキノンの配合量が低めのため効果も薄いといわれています。完璧に近く効果を感じたいかたは、皮膚科で処方してくれるハイドロキノン配合のクリームなどを使用すると配合量が高いものと出会えるといわれています。

メラニンの色を薄くする還元作用

ハイドロキノンは、メラニンの色を薄くしてくれる還元作用があるといわれています。米国食品医薬品局での動物実験により認められたのは、高濃度のハイドロキノンは発がん性があるということが明らかになったようです。

ただ、これはあくまでも動物実験のため、人間でどうなるかは明らかにされていないようです。そして、高濃度でのハイドロキノンを服用させた実験による結果のため、外用薬として軟膏やクリームなどでは、薬事法で認められているといわれる2%の濃度に関しては、発がん性をみられるものはなかったといわれています。

ハイドロキノン入り化粧品の気になること
ハイドロキノン入りの化粧品の濃度やタイプの違い、注意点や購入方法などについても気になっていらっしゃるかたが多いといわれていますので、ここでご紹介していきます。

ハイドロキノンの濃度について

ピン

ハイドロキノンの濃度について、気になるかたも多いと思います。副作用としていわれているのが、高濃度のハイドロキノンの使用によって、白班(白い斑点のようなもの)が発症する可能性があるといわれています。低濃度でも1以上使用してしまうと、白班が出てしまう可能性があるといわれています。

ハイドロキノンは、1%〜3%なら低刺激で、一般的には安全性が高いといわれていますが、効果や即効性に関しては低くなるといわれています。肌が敏感なかたや、肌が弱いかたは、低濃度だとしても刺激を感じてしまうことがあるようなので注意が必要です。

スポットタイプ・スキンケアタイプの違い

目的によっても、ハイドロキノンのタイプをわけて使用したほうがいいようです。正しい選び方としては、信頼できるメーカーさんのものを選ぶのもとても大事で、市販のハイドロキノン配合の化粧品でも医師が開発したようなものや美容クリニックで販売しているものを使ったほうがいいといわれています。

口コミなども参考にするといいでしょう。ハイドロキノン配合の化粧品には、スポットタイプとスキンケアタイプの2タイプがあります。スポットタイプは、濃度が高めの傾向があり、できてしまったシミを集中的にケアしていくタイプになるようです。

スキンケアタイプのものは、基礎化粧品にハイドロキノンが配合されていることがほとんどで、シミの予防目的に美肌を意識したものと思って使ったほうがいいでしょう。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンには副作用もあるので知っておきましょう。ご使用前に必ずハイドロキノン配合のお使いになる化粧品を肌につけてパッチテストをしましょう。24時間放置しても問題なければ副作用が発生する心配はおそらくないといわれています。

酸化してしまって変色してしまっているハイドロキノンを使用してしますと、肌の赤みや炎症の原因になるといわれています。そして紫外線を浴びてしまうと、ハイドロキノンは逆にシミを濃くしてしまう作用があるため注意が必要です。

あと、先ほども少しご説明しましたが、高濃度のものを使用したり、長期使用してしまったりすると、白い斑点のようなものができてしまうといわれています。日本のハイドロキノンは、高価といわれているため、中にはアメリカのコスメ通販などを利用すると安いといわれています。ただ、悪質な業者さんもいるようなのでこちらも注意が必要のようです。

市販はどこで買えるの?

ハイドロキノン配合の化粧品は、ドラッグストアや薬局、大手通販サイトでも購入が可能です。ただ、少し心配というかたは、安全なものを選ぶためにも、皮膚科での購入が安全かもしれません。

ハイドロキノン入り化粧品のおすすめ商品
ハイドロキノンについて、ブログなどでも紹介されているかたも多く、まだ日本で許可されてから日は浅いですが、ハイドロキノン入りの化粧品はシミ対策のためにも既に大注目されているようです。それでは、早速ハイドロキノン入り化粧品のおすすめ商品をご紹介していきます。

オバジ

オバジから発売されている「ブライトニングナイトセラム」は、集中的なケアにおすすめのハイドロキノン入り夜用集中美容液です。シミの原因を寝ている間に阻止に向けて働きかけてくれる効果があるといわれています。シミが気になる部分に、優しくなじませてあげるような感覚でつけてあげるといいでしょう。

オバジHQ ブライトニングナイトセラム 10g Obagi
Rakuten ichibasponsored
オバジHQ ブライトニングナイトセラム 10g Obagi

¥8,748 (2016/08/24 11:37時点)

販売サイトへ
アンプルール

ドクターズブランドであるアンプルールの売れ筋ランキングでもNo.1である「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」は、アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを配合している夜用集中美容液です。なかなか消えない頑固なシミに効果的で、夜寝ている間に働きかけ、特殊ゲルで沈着メラニンを封印してくれる作用があるようです。

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 11g
Rakuten ichibasponsored
アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 11g

¥6,110 (2016/08/24 11:36時点)

販売サイトへ
サンソリット

サンソリットから発売されている「ホワイトHQクリーム」は、注文が公式サイトでもあふれているようで、発送までに時間がかかるようです(2016年8月現在)。

ハイドロキノンにくわえ、角質ケア成分であるAHA、BHA、ビタミンA誘導体、美容成分であるVC-IPなど8種類配合していてクリープタイプのしっとりしたテクスチャーのクリームです。朝晩使ってOKのスキンケアクリームです。

【送料無料】サンソリット ホワイトHQクリーム 30g[ ハイドロキノン・BHA・ビタミンA誘導体 ]
Rakuten ichibasponsored
【送料無料】サンソリット ホワイトHQクリーム 30g[ ハイドロキノン・BHA・ビタミンA誘導体 ]

¥7,560 (2016/08/24 11:37時点)

販売サイトへ
資生堂HAKUも美白におすすめ

資生堂HAKUの「美白美容液メラノフォーカス3D」は、ハイドロキノンと同じような働きをもつ美白有効成分4MSK、m-トラネキサム酸を配合しているため、こちらに書かせていただきました。最新である3D解析によりシミの全貌を解明し、メラニンの活動を抑えてくれる働きがあるといわれています。レフィルもありエコにも優しい美白ケアができる商品といえるでしょう。

資生堂HAKUメラノフォーカス3D薬用美白美容液45g【医薬部外品】【ゆうパケットは使えません】
Rakuten ichibasponsored
資生堂HAKUメラノフォーカス3D薬用美白美容液45g【医薬部外品】【ゆうパケットは使えません】

¥8,094 (2016/10/21 11:12時点)

販売サイトへ
ハイドロキノン入り化粧品でメラニン退治
ピン

ハイドロキノン入り化粧品は、日本ではまだ日が浅いといわれるものの、市販や皮膚科でもシミに悩むかたに大注目を浴びているスキンケアアイテムといわれています。頑固なシミを夜の寝ている間に集中ケアできるのもハイドロキノン成分の魅力ではないでしょうか。是非この機会に、シミ対策やシミ予防にもハイドロキノン入り化粧品をお試しになってみてはいかがでしょうか。