低用量ピルに興味があるけれど、効果や副作用が心配という人は多いと思います。ここでは、低用量ピルの基礎知識、避妊その他の効果、副作用、入手方法について詳しくみていきます。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
低用量ピルの効果と副作用が知りたい!
低用量ピルってどうゆうもの?
本来は避妊を目的とした薬
避妊率はコンドームより高い
1日1錠、飲み忘れに注意
低用量ピルは避妊以外で何に効果があるの?
1.生理不順や重い生理に効果的
2.PMS(月経前症候群)を軽減
3.ニキビや多毛症の改善効果も
4.更年期症状や骨粗鬆症を予防する
5.女性特有のがん(卵巣がん・卵巣嚢腫)を予防
6.子宮内膜症の予防、進行をくい止める
7.乳腺の良性腫瘍の発生率も低下する
低用量ピルの副作用ってあるの?
主な副作用は頭痛や吐き気など
低用量ピルの入手方法はどうすればいいの?
入手できる場所と費用について
病院で処方されない場合
正しく服用して味方につけよう!
低用量ピルの効果と副作用が知りたい!
低用量ピルに興味はあるけれど、どんな効果があるのかしら、副作用も心配という人は多いでしょう。実は低用量ピルは、女性特有の多くの症状に効果があって、副作用も思っているより少ないのです。

ここでは、低用量ピルの基礎知識と、効果や副作用、そして入手方法についてみていきます。女性のみなさん。ぜひ参考にしてくださいね。

低用量ピルってどうゆうもの?
低用量ピルは、本来は避妊を目的としたお薬です。含まれている卵胞ホルモン剤の用量により、種類が分かれていて、中容量・低用量・超低用量ピル(認可されていません)があります。

正しく服用すれば、確実に避妊することが可能です。1日1錠飲むだけですが、飲む時間を決めておくと、飲み忘れ防止になります。

本来は避妊を目的とした薬

低用量ピルには。女性ホルモンが含まれています。経口避妊薬とも呼ばれているように、本来は避妊を目的として服用される薬です。毎日一回服用することにより排卵が抑制され、子宮内膜の増殖も抑えられます。

ピルは、女性の卵巣で作られる「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が、少量ずつ含まれている薬です。ピルの副作用の多くは、卵胞ホルモンに関係していて、卵胞ホルモン剤の用量により、種類が分かれています。

以前は50μgの中用量ピルが普及していて、これ以上の容量のものは高用量ピルといい、まれに使用されていたそうです。

現在では、50μg未満にした低用量ピルが認可されて、経口避妊薬といえば、ほとんどがこの低用量ピルのことです。30μg未満のピルについては、特に超低用量ピルといいますが、日本ではまだ認可されていないそうです。

名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック 低用量ピルと中高用量ピル

避妊率はコンドームより高い

低用量ピルは、原則妊娠していなければいつからでも開始できます。 実際には、生理中に開始する人が多いそうです。低用量ピルは正しく服用すれば、確実に避妊することが可能です。 避妊効果は、コンドームより高いとされています。

低用量ピルを服用中に妊娠したケースは、5年間にゼロであったという報告もあります。ただし、飲み忘れには注意が必要です。

1錠飲み忘れた場合は、飲み忘れに気づいたときに1錠すぐ飲み、その日も通常通りに飲めばよいですが、2錠以上飲み忘れた場合は、いったん服用を中止します。数日以内に出血が始まるので、出血3日目から新しいシートを開始することになります。

低用量ピルに詳しい婦人科 | ケイ・レディースクリニック新宿

1日1錠、飲み忘れに注意

低用量ピルは、1日1錠服用するだけです。時間帯は違っても効果に変わりはないので、特に飲み方はありません。ですが、飲み始めに時間を決めておいたほうが、飲み忘れを防ぐことができます。就寝前に飲んでいる人が多いそうです。

低用量ピルに詳しい婦人科 | ケイ・レディースクリニック新宿

低用量ピルは避妊以外で何に効果があるの?
低用量ピルには、生理不順の治療効果や重い生理を軽くする効果、PMS軽減効果、ニキビ・肌荒れや多毛症の改善効果、更年期症状や骨粗鬆症を予防する効果、女性特有のがん予防効果、子宮内膜症になりにくくしたり改善する効果、乳腺の良性腫瘍の発生を抑制する効果などがあります。

1.生理不順や重い生理に効果的

低用量ピルを服用することにより、生理の周期が規則正しく28日周期になるので、生理不順の治療効果があります。生理日の予定がわかるので、旅行や試験などに便利です。1ヶ月以上前から調整すれば、生理日を変更することも可能だそうです。

また、ピルに含まれているホルモンにより、子宮内膜があまり厚くならないうちに月経が起こるので、出血量が減り、子宮収縮も抑えられて月経が軽くなるメリットもあります。

避妊以外のピルのメリット 名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック

2.PMS(月経前症候群)を軽減

PMSとは月経前症候群と呼ばれ、生理約2週間前から現れるさまざまな心身の不調で、ほとんどの女性が経験したことがある症状です。

身体に現れる症状としては、下腹部や乳房の痛みや張り、腰痛、頭痛や肩こり、めまいなどがあります。精神的な症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、攻撃的になる、無気力、憂鬱、集中出来ないなどです。

PMSの症状のせいで、仕事や人間関係など、社会的活動に支障が起こることもあります。PMSの原因については、女性のホルモンバランスが急激に変動することが、大きな原因だという説が有力なようです。低用量ピルを服用すると、排卵前後のホルモンの変動がなくなるため、これらの症状が軽減されます。

低用量ピルでPMS(月経前症候群)の軽減 | 低用量ピル 通販

3.ニキビや多毛症の改善効果も

低用量ピルにより、ホルモンのバランスが整います。ニキビや肌荒れ、多毛症に効果があります。特に、男性ホルモンの産生と働きを抑制するので、大人のニキビに効果があります。

ピル専門外来 | 茶屋町レディースクリニック

4.更年期症状や骨粗鬆症を予防する

女性は、閉経の前後には卵巣の機能が低下して、体内の卵胞ホルモンなどの女性ホルモンが急激に減少します。そして、更年期症状が起こります。のぼせやほてり、頭痛、イライラ、動悸、不眠、手足の冷え、疲れやすいなどが主な症状です。

低用量ピルには、ホルモン状態を安定させて、更年期症状や骨粗鬆症を予防する効果もあり、実際に更年期の女性に適応されることがあります。

避妊以外のピルのメリット 名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック

5.女性特有のがん(卵巣がん・卵巣嚢腫)を予防

排卵による卵巣の損傷が減るため、卵巣がんや卵巣嚢腫などにかかるリスクが低下するそうです。また、ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護するので、子宮体がんにかかるリスクが低下するそうです。

避妊以外のピルのメリット 名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック

6.子宮内膜症の予防、進行をくい止める

ピルに含まれるホルモンにより、子宮内膜があまり厚くならないため、子宮内膜症になりにくくなるという報告があるそうです。すでに子宮内膜症にかかっている場合は、進行をくい止められる可能性もあります。

避妊以外のピルのメリット 名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック

7.乳腺の良性腫瘍の発生率も低下する

乳腺症の改善や、乳腺の良性腫瘍の発生を抑制する効果があります。以前は、懸念されていた乳がんの発生も、最近の研究では増加しないと報告されているそうです。

OC外来(低用量ピル) | 静岡市葵区 富松レディスクリニック

低用量ピルの副作用ってあるの?
低用量ピルの主な副作用は、頭痛や吐き気、だるさ、乳房の張りなどです。これらの症状は、一時的なもので数ヶ月以内に落ち着くそうです。低用量ピルで太ることはありません。不正出血がしばらく見られる人もいます。非常にまれですが、重大な副作用としては血栓症があります。

主な副作用は頭痛や吐き気など

体が慣れるまで、頭痛や吐き気、だるさを感じる場合があります。つわりの軽いようなものだそうです。 これらは一時的なもので、大抵は1,2週間、最長で10週間以内に落ち着くそうです。乳房の張りは、3〜6ヶ月続くことがあるそうです。しかし、副作用を感じる人は少数で、何も感じない人もいるそうです。

古いタイプのピルでは、含まれるホルモン量が多かったため、太ることもあったそうですが、低用量ピルによって太ることはないそうです。

日本で行われた臨床試験において、ほとんどの人が+−2kgの範囲に落ち着いたという報告があるそうです。 ダイエットを必要ないのにしたりして、逆に便秘になってしまうこともあるでしょう。

10人中1,2人に、服用1〜2ヶ月の間で、少量の不正出血が起こることがあります。重大な副作用としては、血栓症があげられます。血管の中で血液が固まり、血液が流れなくなる危険な副作用ですが、数十万人に1人くらいの非常に稀な副作用だそうです。

低用量ピルに詳しい婦人科 | ケイ・レディースクリニック新宿

OC外来(低用量ピル) | 静岡市葵区 富松レディスクリニック

低用量ピルの入手方法はどうすればいいの?
低用量ピルは、基本は産婦人科で処方してもらいます。そのほかには、通販で海外輸入品を購入することが可能ですが、服用に際してはあくまで自己責任となります。35歳以上で1日15本以上喫煙する人には、低用量ピルは処方されない場合があります。

入手できる場所と費用について

低用量ピルは、産婦人科で処方を受ける必要があります。日本では、比較的歴史が浅い薬なので全ての産婦人科で処方されるわけではなく、お産を専門にしている産婦人科の場合、低用量ピルをあまり処方していないこともあるそうです。

一般的には、種類により1シート(1ヶ月分)2,000〜3,000円程度で、その他に診察料や調剤料などがかかります。医師の処方以外で入手するには、通販で海外輸入品を購入することが可能です。価格は処方されるものより安いですが、服用に際してはあくまで自己責任になります。

低用量ピルに詳しい婦人科 | ケイ・レディースクリニック新宿

低用量ピルについてもっと詳しく知ろう! | 低用量ピル 通販

病院で処方されない場合

病院での処方に際しては、問診と場合によっては血圧検査などが行われます。35歳以上で1日15本以上喫煙する人には、低用量ピルは処方されない場合が多いそうです。それは、重大な副作用である血栓症は、大抵、喫煙歴のある人にみられるからです。低用量ピルを服用したい場合は、禁煙しましょう。

OC外来(低用量ピル) | 静岡市葵区 富松レディスクリニック

正しく服用して味方につけよう!
低用量ピルは毎日1錠飲むだけで、簡単に避妊や女性特有の症状の改善が期待できます。副作用もあまりひどくない人が多いようです。避妊したい人や生理で悩んでいる人、更年期障害の症状のある人などは、正しく服用して、味方につけるといいですね。