1年間の医療費をまとめて10万以上になった場合は、確定申告をすることで医療費控除で税金が返ってきます。診察や治療を受けるにあたって、医療費と認められるものと認められないものがあります。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
上手に確定申告したい!
ネットでも手続き可!医療費控除は簡単
いくら返ってくるの?医療費控除の計算式
例・年収500万で医療費総額50万の場合
これって医療費として認められる?保険外?
出産費用も助けてくれる!
治療や通院に必要なものも大丈夫?
通院や入院の際にかかった交通費もOK?
医療費控除の申請の参考にしてみて!
上手に確定申告したい!
ピン

その年の1月1日から12月31日までに、たくさんの医療費がかかった場合は、確定申告により税金が戻ってくるという医療費控除ですが、医療費と認められるものと、そうでないものがあります。ただし、所得税を払っていない場合は手続きをしても返還されることはありません。

医療費控除の手続きは難しいものではありませんが、細かな点などでやり直しのないようにしたいものですね。医療費控除でどのくらい税金が返ってくるのかについても詳しく解説していきます。

ネットでも手続き可!医療費控除は簡単
医療費控除の確定申告は、住民票がある地域の税務署で行います。インターネットでも手続きできるようです。問題がなければ確定申告の後の1か月後くらいには指定の口座に振り込まれます。

さらに翌年の住民税も安くなることもありますので、10万円を超えた場合は確定申告をして、家計の節約になればいいですね。医療費控除の還付金の計算式についてもお伝えします。

いくら返ってくるの?医療費控除の計算式

「その年の1月1日から12月31日に支払った医療費の合計」−「出産育児一時金や生命保険や損害保険からの入院給付金、高額療養費などで戻ってくる分」−「10万円もしくは所得が200万円以下の人は所得の5パーセント」=「医療費控除額」になります。

実際に返ってくる額は所得税率によります。前述した「医療費控除」×「所得税率」=「返還額」となります。所得税率は課税される所得により異なります。

・195万円以下は5パーセント
・195万円から330万円以下は10パーセント
・330万円から695万円以下は20パーセント

・695万円から900万円以下は23パーセント
・900万円から1.800万円以下は33パーセント
・1.800円から4.000万円以下は40パーセント
・4.000万円以上は45パーセント

例・年収500万で医療費総額50万の場合

例えば、1年の医療費に50万円かかったとします。年収は500万円、生命保険から10万円給付された場合は、「総額医療費50万円」−「給付金10万円」−「足切り額10万円」=「医療費控除30万円」、「医療費控除30万円」×「所得税率20パーセント」=「還付金6万円」となります。

これって医療費として認められる?保険外?
医療費として認められるものには、診療や治療費以外にも思わぬものも含まれています。健康でも出産費用は医療費控除の対象となりますし、治療や通院のために必要な薬代やマッサージ、交通費も一部認められます。領収書がなくてもいい場合がありますので、別紙に箇条書きで医療費の領収書と一緒に申請するといいですね。

出産費用も助けてくれる!

ピン

出産した方でも医療費の控除が認められます。定期検診費や分娩費、入院費も認められます。ですが、出産の場合は「出産育児一時金」というものが健康保険に加入していれば受けられるので、受け取った金額を惹かれる事にはなります。

例えば、出産総額費用が70万円かかった場合、年収が400万円で、出産育児一時金に42万円もしくは産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は40.4万円が給付されますが、42万円で計算します。

「医療費総額70万円」−「出産育児給付金42万円」−「足切り額10万円」=「医療費控除18万円」、「医療費控除18万円」×「所得税率20パーセント」=「還付金3.6万円」

治療や通院に必要なものも大丈夫?

入院中や通院に必要なもので以下のものが認められます。
・入院中に必要な水枕、ガーゼなどの購入費
・治療のために必要な鍼やマッサージの代金
・治療に必要な薬代金
・病院に通院するために必要な松葉杖や補聴器などの購入費

反対に認められないものは…
・妊娠検査薬、妊婦用下着など
・里帰り出産や親族の家に滞在するなどの帰省費用
・入院用の寝具や身の回りの品の購入費
・医師への謝礼金
・病気予防や健康維持のためのビタミン剤やドリンク類
・見栄えの為の歯の矯正費用

通院や入院の際にかかった交通費もOK?

通院や入院費の交通費も一部認められます。
・タクシー代や駐車場の代金
・電車やバスなどの交通費

反対に認められないものは…
・自家用車で通院や入院したときのガソリンや駐車場の代金

また、タクシーなどは領収書がありますが、電車賃の場合は別紙に手書きで記載して提出することもできます。

医療費控除の申請の参考にしてみて!
ピン

治療のための交通費も、公共機関やタクシーなら認められますが、マイカーのガソリン代や駐車場代は認められないなど、医療費控除において、医療費と認められるものと認められないものは、密接なところにあって一目見ただけでは少しわかりにくいですね。

それでも少しでも医療費と認められるものを申請して、少しでも多くの還付金が欲しいところです。このサイトが医療費控除の申請をするにあたって参考になれば幸いです。