生理前の症状は、いつ頃から始まるのかよくわからないという人も多いと思います。どんな症状がいつ頃からあるのか、また、妊娠した時の、症状との区別の仕方などについてもまとめました。きちんと知って快適な期間を過ごしてくださいね。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
生理前の症状っていつからあるの?
生理前にはどんな症状が起こるの?
子宮の収縮で腹痛や頭痛が起こる
乳房の血管が広がり、胸が張ってくる
精神的に不安定になる
生理前の症状が起こる期間はいつ頃?
生理の10日前から起こる
生理が始まる3日前まで続く
生理が始まっても治らない時は
生理前の症状を軽くする3つの方法
食事に気をつけましょう
良質な睡眠をとりましょう
低用量のピルを服用する
妊娠の兆候と生理前の症状の違いについて
オリモノの特徴が違う
妊娠の場合は高温期が通常とは違う
食欲の差がある
生理前には食事や睡眠をしっかりととろう
生理前の症状っていつからあるの?
ピン

生理が近づくと、さまざまな不快な症状が現れます。これをPMS、月経前症候群といいますが、これらの症状は、一体いつ頃からどのくらいの期間続くものなのでしょうか。これらのことをきちんと知っていると対処しやすくなります。

また、辛い症状を改善する方法や、妊娠した時の兆候との見分け方などについても紹介します。詳しく知って、生理前の症状を少しでも、軽く快適に過ごしてください。

生理前にはどんな症状が起こるの?
生理前には実はさまざまな症状が起こります。これは、排卵後のホルモンの変化によるものと考えられています。これらの症状は、個人差がとてもあり、全くと言っていいほどない人もいれば、日常生活を送るのが大変なほどになる人もいます。

どのような症状があるのかを詳しく見ていきましょう。

子宮の収縮で腹痛や頭痛が起こる

生理前から、生理が始まった前半ぐらいまで、プロスタグランジンというホルモンが分泌されるようになります。このプロスタグランジンは、子宮を収縮させる作用が有りますが、この影響で頭痛や腹痛などの症状が現れます。

生理のトラブル | ゆかりレディースクリニック 神戸市三宮にある婦人科

乳房の血管が広がり、胸が張ってくる

生理前になると、胸が張って痛いという症状がある人も多くいると思います。これは、生理前になると、黄体ホルモンであるプロゲステロンが、多く分泌されるからといわれています。

このホルモンの影響で、乳腺の組織が増えたり、乳房の血管が広がったりすることで、胸が張る感覚が出てきます。この胸が張るという症状は、一般的に出産や授乳の経験のない人によくあるといわれ、生理が始まるとなくなります。

生理のトラブル | ゆかりレディースクリニック 神戸市三宮にある婦人科

精神的に不安定になる

生理前になると、イライラすることが多くなると感じる女性は、多いのではないでしょうか。これもPMSの症状の一つです。他にも、精神的には憂うつや集中力が低下したり、疲れやすいと感じることもあります。

これは、生理前のホルモンの変化が、脳の視床下部というところにも作用し、自律神経の働きを狂わせるために、精神不安定になるといわれています。いわゆる、自律神経失調症の状態になるのです。

月経前症候群(PMS)・月経困難症 | 愛和レディースクリニック・伊丹市・産婦人科

生理前の症状が起こる期間はいつ頃?
このような、さまざまな症状が起こるのは、いつ頃からなのでしょうか。知っていると、生理による心身の変化ととらえて、心にゆとりができますよね。

生理の10日前から起こる

ピン

生理前の症状は、次の生理が来る10日ほど前から起こります。これは、排卵後黄体ホルモンが分泌されて、働きが活発になるからといわれています。ただし、個人差があるので、必ずしも10日前からさまざまな症状があるわけではありません。

生理のトラブル | ゆかりレディースクリニック 神戸市三宮にある婦人科

生理が始まる3日前まで続く

生理が始まる3日ぐらいまで続くといわれることもありますが、一般的に、これらの生理前の不快な症状は、生理が来れば治ります。

生理が始まっても治らない時は

もしも、生理が始まっても、生理前の症状が続くようであれば、病院に行きましょう。何かの病気が隠れている場合もあります。

生理前の症状を軽くする3つの方法
それでは、この辛い生理前の症状を軽くする方法について、見ていきましょう。意外と普段の生活や食事なども、とても重要なんですよ。

食事に気をつけましょう

実は、生理前の症状を軽くするには、食事はとっても大切なんです。バランスのとれた食事というのはもちろんですが、生理前には、良質のミネラルやビタミンを多く摂ることを心がけてみてください。

また、生理前というのは、血糖値が急に下がるので、甘いものが欲しくなります。スイーツなどよりも緩やかに血糖値を上げてくれるブドウ糖、ご飯や芋類、また果物などを甘いものが欲しくなった時に、少しづつ食べるようにしましょう。

良質な睡眠をとりましょう

生理前は、黄体ホルモンの影響でとても眠くなることがあります。寝ても寝ても眠い、ということが起こる場合があります。また逆に、なかなか眠れないという症状もあります。

睡眠というのは、体温が下がると眠りに入りやすくなりますが、黄体ホルモンが分泌されている間は、いわゆる高温期になるために、体温が高い状態であることも影響しています。

良質な睡眠は、生理前の症状を改善するといわれているので、寝る前に暖かいものを飲んだり、ぬるめのお風呂に浸かるなどして、生理前はなるべく質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

低用量のピルを服用する

生理前の症状の治療として、低用量ピルを使う場合があります。これは、避妊のためのピルではありません。排卵前後で、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが変化しますが、生理前の症状は、この変化が関係するといわれています。低用量ピルを服用することで、排卵を抑制させることができます。

それによって、ホルモンの変化の差も安定してくるので、生理前の症状が楽になるといわれています。我慢できないくらい辛い症状などがある場合には、病院で低用量ピルを処方してもらうのもいいでしょう。

名古屋市栄にある婦人科 自分にあったピルの見つけ方 ともこレディースクリニック

妊娠の兆候と生理前の症状の違いについて
生理前の症状は、実は妊娠した時の兆候ととても似ています。妊娠の可能性がある場合、どうやって見分けをつければいいのでしょうか。いくつかポイントがあるので紹介します。

オリモノの特徴が違う

生理前のオリモノは、妊娠した時のオリモノの感じと違うので、それが一つの判断材料になります。生理前の場合は、生理が近づくにつれて徐々に量は減り、少し粘り気のある透明から白濁した色になります。

一方、妊娠していた場合には、オリモノは透明でさらさらになり、さらにニオイが少し酸っぱいようなツンとしたニオイに変わります。また、着床出血があった場合は、茶色っぽいオリモノが少し出る場合もあります。この場合は、生理の出血とは違うのですぐに治ります。

妊娠の場合は高温期が通常とは違う

生理が来ると体温は低くなります。生理日に下がらなくても、3,4日で下がるのが普通です。しかし、妊娠していると、高温期が続くことになります。生理予定日を過ぎて、21日以上高温期が続く場合には、妊娠している可能性があります。

食欲の差がある

生理前にとてもお腹がすく感覚を覚える人は、多くいると思います。これもやはり、ホルモンの変化で体が排卵後妊娠に備えて、脂肪や栄養を蓄えようとするためです。また、血糖値が下がることで、それを止めるために、食欲が増すということもあります。このような食欲は、生理が来れば収まります。

しかし、妊娠している場合には、食欲はずっと続きます。逆に吐き気がして、食欲が減退したりする場合も妊娠の兆候かもしれません。

生理前には食事や睡眠をしっかりととろう
ピン

生理前に起こるさまざまな症状は、ホルモンの変化で起こるものです。人によって程度の差もありますし、食事や睡眠やストレスなどにも影響されます。基礎体温をつけることで、排卵の日や生理前の症状が始まる時期が、ある程度把握できます。

その頃から、食事に気をつけたり、十分な睡眠と適度な運動、リラックスを心がけて、ストレスを溜めないようにするだけでも、かなり違ってきます。

また、重度の症状がある場合には、我慢しないで低用量ピルや漢方などを用いて、症状を軽くすることもできるので、あまり無理せず、辛い症状が続いたりひどい場合には、病院へ行くようにしてくださいね。