生理中の鎮痛剤や痛み止めを服用したことがある人は多いかもしれません。しかし、実は生理前にも悩んでいる女性が多くいることを知っていますか?月経前症候群(PMS)といって、生理中のように腹痛・頭痛・イライラ・落ち込みといった症状が出る人がいるのです。そんな時、生理前薬を使用するのがおすすめです。低用量ピルやプレフェミンのように、PMSに特化した生理前薬が開発されています。是非参考にしてみて下さい。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
生理前薬ってなに?
月経前症候群(PMS)について紹介します
月経前症候群の原因は大きく分けて3つ
月経前症候群の症状は身体的と精神的の2種類
身体的症状
精神的症状
月経前症候群の治療方法は3種類
服薬治療
漢方治療
生活療法
生理前薬の種類について
低用量ピル(病院で処方)
メリット
デメリット
プレフェミン(市販薬)
困ったときは生理前薬に頼ってみましょう!
生理前薬ってなに?

生理期間中に、生理痛で苦しんだ辛い経験をした人がいるかもしれません。そんなときは、生理中に飲む鎮痛剤や痛み止めが思い浮かぶと思います。ですが、実は生理前に生理痛のような腹痛・頭痛・イライラを感じている人がいます。

このような生理前の身体的症状や精神的症状を月経前症候群(PMS)といいます。この生理前になる月経前症候群の治療薬である生理前薬が存在します。生理前薬には、病院で処方される薬や市販薬があり、自分にあった種類のものを選ぶことが重要です。

この記事では、月経前症候群の症状や原因、対処法、生理前薬の種類について簡単に説明していきます。是非、参考にしてみてください!

月経前症候群(PMS)について紹介します
生理中に腹痛や頭痛・だるさといった生理痛を感じる人は多くいると思います。ですが、中には生理前になるとイライラしたり、精神的に落ち込んだり、頭痛や下腹部痛を感じたり、様々な身体的症状や精神的症状が出る人がいます。これを月経前症候群(PMS)といいます。

この月経前症候群の特徴は、生理の数日〜2週間前から身体的症状や精神的症状がはじまります。生理が近づいてくる・生理がくると急にその症状が軽くなるか、全く無くなってしまうことがあります。このような月経前症候群を改善・治療するものとして、生理前薬があります。

月経前症候群(PMS) « 中野司朗レディースクリニック,奈良市, 産婦人科, 婦人科, 女性内科,脂質代謝

月経前症候群の原因は大きく分けて3つ

月経前症候群の原因は大きく分けて3つあります。1つ目は、生理周期にともなう女性ホルモンの量やバランスが変化することです。

生理周期に大きく影響する女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの主に2種類です。これらのホルモンが増えることにより、体が水分をためやすい体質になってしまい、生理特有のむくみが発生します。手足だけではなく、脳もむくんでしまいます。

2つ目は、インシュリンという血糖値を下げるホルモンの効果が低下し、血糖値をさげるためたくさんのインスリンを体が必要としてしまうことです。このインスリンは、糖分が多い食事でとくに多く必要となります。

ご飯・パン・麺類といった炭水化物の食事のあと、多くインスリンが出ます。インスリンが多く出ると低血糖気味になり、イライラ・情緒不安定といった状態になりやすくなります。

3つ目は、貧血といった女性に多く見られる体質をもっていることです。女性の約半分の方々が貧血または貧血傾向をもっているようです。生理中は出血量自体増えてしまうので、より体調が悪くなってしまいます。

独立した原因もあれば、併発している原因もあるので、自分の体調の変化に気を配ったり、基礎体温を毎日つけたりするといった部分で気を使ってみましょう。

月経前症候群の症状は身体的と精神的の2種類

身体的症状

この月経前症候群の主な身体的な症状は、腹痛・月経前の下腹部の痛み・腰痛・頭痛・めまい・吐き気・ひどいむくみ・便秘・ニキビなどの肌荒れがあります。このように、月経前症候群の症状は多岐にわたり、ほかの病気の症状に似ている場合もあります。

さらに人によって程度や症状が全く異なるため、同じ生理をもつ女性同士でも、生理前症候群がある人とない人がいます。ですが特徴としては、月経が始まったら症状は消えてしまうことがほとんどです。

月経前症候群(PMS) « 中野司朗レディースクリニック,奈良市, 産婦人科, 婦人科, 女性内科,脂質代謝

精神的症状

精神的な症状としては、イライラ・気分の落ち込み・集中力の低下・不眠・だるさ・眠気などがあげられます。この症状は、うつ病といった精神的な他の病気の症状と似ている部分もあり、判断が難しいです。さらに、身体的症状のみ出る人もいれば、精神的症状のみの人の場合もいます。

横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック 〜ビバリータ〜

月経前症候群の治療方法は3種類

服薬治療

低用量ピル(OC)と市販薬については、次の項目で詳しく説明していきます。ビタミン・ミネラル剤といったサプリメントの服薬を進められる場合があります。他には、うつ病の治療で使用されることの多い抗うつ薬や精神安定剤も有効です。

主にイライラ・落ち込み・情緒不安手にといった精神的症状に影響します。この抗うつ薬は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIとよばれ、セロトニンというホルモンを活性化します。

漢方治療

生理前に便秘や下痢といった胃腸の調子が悪くなる人がいます。この、便秘症で生理前にひどくなる方には桃核承気湯、軟便傾向や下痢ぎみになる方には五苓散と呼ばれる漢方薬の種類がおすすめです。

生活療法

日々の生活の中で月経前症候群を治療していく方法です。野菜が多く炭水化物の少ないバランスの良い食事をこころがけたり、夕食をはやめにとったりしてみましょう。さらにリラックス効果の高いアロマセラピーやハーブ療法も、気もちを落ち着かせることができます。

月経前症候群(PMS) « 中野司朗レディースクリニック,奈良市, 産婦人科, 婦人科, 女性内科,脂質代謝

生理前薬の種類について
月経前症候群に特化した生理前薬は、病院で処方される低用量ピル(Oral Contraceptives)と市販薬があります。低用量ピルの中でも種類がたくさんあり、メリットも多くありますがデメリットもあります。ここでは、生理前薬の種類について簡単に紹介していきます。

低用量ピル(病院で処方)

そそもピルとは経口避妊薬のことで、以前はホルモン量が多く含まれているピルである中用量ピルが主流でした。ですが、中用量ピルの場合副作用も多くでる例があります。最近はホルモン量が中用量ピルに比べて少なく身体に及ぼす影響も低いとされる、低用量ピルが一般的に使われるようになりました。

低用量ピルには様々なタイプがあります。基本的には28日を一つの生理周期としています。21日間服薬+7日間偽薬を使うパターンや、21日間服薬+7日間休薬といった、自分のライフスタイルに合わせて使用してみましょう。

メリット

・用法用量を正しく守るとほぼ100%の避妊率がある
・生理痛の劇的な改善が期待される
・月経前症候群に対して効果的である
・生理の時期を自由に設定うすることができる
・ニキビや肌荒れの改善に効果が
・保険適用内の低用量ピルがある

デメリット

・費用がかかる
・飲むタイミングがずれてしまうと、一ヶ月無駄になってしまう
・血栓症といった合併症のリスクがある
・採血や検査を定期的に行う必要がある
・保険適用外の低用量ピルがある
・薬によっては副作用が出てしまう人がいる

ピル | ジャスミンレディースクリニック

プレフェミン(市販薬)

プレフェミンは、日本で唯一月経前症候群のために作られた医薬品です。プレフェミンを継続的に服用することで、月経前症候群の身体的症状や精神的な症状を抑える効果があります。一日一錠飲むことで、約90パーセントの女性が月経前症候群の症状を改善できたという報告がされています。

プレフェミンは薬局で薬剤師と相談するうえで購入することができます。病院へ行くことや、検査をすることが必要がありません。購入する前に、チェックシートで自分の症状を確認してみましょう。

生理前の不快な症状、PMSを治そう。PMS治療薬 プレフェミン:ゼリア新薬

困ったときは生理前薬に頼ってみましょう!

いかがでしたか?ここでは、月経前症候群(PMS)の原因や症状、対処法を説明していきました。月経前症候群で困っている人にとっては、生理前薬に頼ることもおすすめです。病院で検査をして処方してもらえる低用量ピルや、プレフェミンといった市販薬も開発されています。

専門家や医師、薬剤師に自分の状態を相談してみた上で、自分に合った生理前薬を選んでみましょう。辛い生理前の状態から改善少しでもつながっていくかもしれません。