生殖毒性 – メラミン:序論 – 生殖毒性 – メラミン:メラミンは疑いのある生殖毒であり、その暴露はヒトの生殖器系に悪影響を及ぼす可能性がある。メラミンは、主に肥料やパルプ、紙、強化プラスチック、樹脂の製造に使用されています。副作用の重大性および性質は様々であり、性別、曝露レベルおよび化学物質に対する個々の感受性などの要因によって影響され得る。女性の生殖器系への影響には、月経の問題、性行動の変化、不妊症、思春期の発症の変化、妊娠の長さの変化、授乳期の問題、閉経の発症の変化および妊娠の転帰などが含まれる。男性の生殖器系への影響には、性行動の変化、妊娠の変化、精子の形状や数の問題などがあります。生殖毒性の症状、原因、および治療についてのより詳細な情報 – メラミンは以下の通りです。
生殖毒性の症状 – メラミン – 生殖毒性 – 生殖毒性の治療 – メラミン – 公衆および妊婦の公的教育、催奇形剤の禁止法、投薬に関する研究および警告、適切な職場戦略などの暴露回避妊娠中または妊娠前に潜在的に有害な薬物の回避、停止または減少 – 妊孕性および自然流産の管理 – 母親が潜在的に催奇形性薬剤に曝されている妊娠の監視および適切な産科管理 – 罹患した乳児および児童に適切な新生児および進行中のサーベイランスおよびケア – 家庭診断検査 – 生殖毒性に関連する家庭医療検査 – メラミン:
生殖毒性で間違って診断された – メラミン?
生殖毒性の誤診 – メラミン – 生殖毒性の原因 – メラミン – 生殖毒性の原因 – メラミンの詳細を読む。
生殖毒性 – メラミン:診断されていない状態 – 関連する医療分野で一般的に診断されていない疾患:
誤診および生殖毒性 – メラミン – 不正確な体重関連不妊症:女性の体重の状態は、彼女の妊娠可能性のレベルに影響を与える可能性があります。

肝斑はアジア人の女性に多く見られると言われていて、はっきりとした原因がわかっていないだけに、女性としてはなんとかして治したいと思うシミの1つです。顔にシミがあるかないかだけで人に与える印象も随分違います。老けて見られるなんて嫌ですよね。今回は肝斑とはどういうものか、その治療法や予防についてもお話しします。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
肝斑の治療法って?シミは消えるの?
肝斑とはそもそもどういうもの?
皮膚にできる色素斑の1つ
どんな症状がある?
実は30〜40代の女性に多いんです
肝斑はなぜできるの?その原因は?
ホルモンバランスの乱れ
紫外線は肝斑にも良くない
ストレスも原因になる
肝斑を治したい!効果的な治療法はあるの?
肝斑に処方される治療薬
レーザー治療は?
治療期間はどのくらい?
保険適用はされるの?
肝斑を予防するにはどうすればいいの?
生活習慣の改善が大事
食事にも気をつけよう
紫外線にも要注意!
化粧品を変えてみる
肝斑はまず診断から!キレイに治して素肌美人に
肝斑の治療法って?シミは消えるの?

そばかすや紫外線などでできてしまったシミ、にきび跡なと、顔にシミができてしまうのはショックなものですよね。顔にシミがあるだけで老けて見えてしまうような気さえします。肝斑もその1つ。なかなか自分で、これが肝斑だ、と思うことって少ないと思いますが、肝斑は普通のシミに比べて治療法も違いますし、根気が必要です。

鏡を見て頬骨のあたりにぼんやりとしたシミを見つけてしまったら、それは肝斑かもしれません。もし気になるようでしたら1度皮膚科で診てもらうと良いでしょう。

「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]

肝斑とはそもそもどういうもの?
そばかすや日焼けによってできてしまうシミと肝斑の違い、どうやって見分けたらいいのでしょう?肝斑という言葉は最近ではTVコマーシャルなどでもよく聞くようになりましたが、色白で全くシミ1つない人であればともかく、普通ならあまり判断がつきにくいのが肝斑です。ここでは、肝斑の特徴についてご説明します。

皮膚にできる色素斑の1つ

肝斑とは、頬や額などにくっきりとではなくモヤっと地図のように広がるシミです。左右対称にできることが多いのですが、まぶたの部分にはできません。そのためにまぶたが白くメガネをかけているように見えることもあります。ちなみに、肝斑という名前はシミの色が肝臓の色に似ているから呼ばれるもので、肝臓に異常があってできるわけではありません。

肝斑(かんぱん)|【シロノクリニック】美容皮膚科

どんな症状がある?

目の周りを避けて左右対称にできるのが普通です。お化粧でも隠しにくくて、女性にとっては大きな悩みの一つともなり得るものです。幾つかタイプが見られ、

・ほほ骨の下にかけてぼんやりと広がった蝶の羽のように見えるタイプ。
・ほほ骨に沿ってできるタイプ。別のタイプのシミ(そばかすや日焼けによるシミなど)と一緒に重なる場合もあります。
・ほほ骨から目尻の下あたりにだけにできるタイプ。

・ほほ骨に沿っては左右対称でも、大きさが異なったり、片方だけ目の下に広がるなど左右で位置が少し違う場合もあります。
・ほほ骨だけでなく額や口の周りまで肝斑ができるケースもあります。

シミの種類を見るお肌ギャラリー|「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]

実は30〜40代の女性に多いんです

30代〜40代の女性に多く見られると言われていて、肝斑が発症するタイミングとしては妊娠がきっかけとなったり、経口避妊薬(ピル)の服用で発症する人もいるそうです。はっきりとした原因はわかっていませんが、高齢になってくると自然と消えていくことも多いのが肝斑です。

肝斑治療 | 山手皮膚科クリニック 新宿 高田馬場 早稲田 目白 大久保 池袋

肝斑はなぜできるの?その原因は?
先ほどもお話ししたように、肝斑のできるはっきりとした原因はわかっていません。根本的な原因がはっきりとしないのでその治療は数あるシミの中でも難しいと言われています。

ホルモンバランスの乱れ

ピン

ピルの服用や、妊娠を機に発症する事例や、高齢になると自然に消失するところから、女性ホルモンが深く関係していると言われています。女性ホルモンは正常に分泌されていれば体の様々な器官は正常に機能することができます。

しかし加齢や生活習慣の乱れ、喫煙や妊娠などによって女性ホルモンの分泌が変化し、ホルモンバランスが変化することによって肝斑が発生しやすくなると考えられます。ホルモンバランスが大きく変化すると人の表皮の約90%を形成しているケラチノサイトと呼ばれる細胞が刺激を受けるのです。そうすると、プラスミンという酵素が増えメラニン色素を作り出す働きをします。

肝斑は女性ホルモンの影響を受けるかの性が高いので、妊娠期間・更年期といった女性にとっての節目に特に発症しやすいと言われています。また、ホルモン療法などを受けている人にも同じように肝斑ができやすいと言えるでしょう。

肝斑はなぜできる?-肝斑の原因-

紫外線は肝斑にも良くない

肝斑の原因に一番関係しているのは女性ホルモンと言われていますが、だからと言って紫外線が全く関係ないわけではありません。肝斑ができやすい場所は、ほほ骨などの顔の中でも高いところで紫外線が当たりやすい場所でもあるんです。紫外線を浴びることで症状を悪化させているとも言われています。

この紫外線、A派とB派があることはご存知かと思いますが、B派はエネルギーが強くて肌をヒリヒリと赤くして日焼けを引き起こします。それに対しA派はエネルギー自体はB派よりも弱いのですが肌の奥まで浸透してシミの原因となります。

肝斑と紫外線

ストレスも原因になる

実際、肝斑の治療で皮膚科に通っている患者さんがストレスが高まるとシミが濃くなるとか、ストレスとシミを関連づけて考える人が多いそうです。皮膚の表皮細胞の中にあるシミの元となるメラニンを作るメラノサイトという細胞は神経に由来しているとも言われています。ストレスがシミと深く関係しているということは皮膚科のお医者さんの間でも認知されていることだそうです。

シミが肝斑である場合、トラネキサム酸の処方である程度の服用を続ければ症状は緩和されていきますが、肝斑と他のシミ治療は全く違います。自分で市販の美白用の薬を飲んだりしてもなかなか良くならない、それって当たり前だったりするのですが、改善が見られないことにストレスを感じてさらに悪化することも考えられるのです。

ストレスは女性ホルモンにも影響を与えます。シミのせいで人の視線が気になる、それもストレスになるのです。ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れるという悪循環に陥らないように、ストレス軽減も肝斑を快くしていくには必要です。

第5回 ストレスと肝斑の深い関係@皮膚科の診察室から|かんぱんINFORMATION

肝斑を治したい!効果的な治療法はあるの?
シミの治療法は内服薬や、塗り薬、レーザー治療など様々な方法があります。しかし肝斑は他の治療と違って普通のレーザー治療はできません。レーザーを使用すると逆にシミが濃くなる可能性もあるからです。そこで、内服薬と塗り薬の併用が一般的な治療法になります。

肝斑治療 | 山手皮膚科クリニック 新宿 高田馬場 早稲田 目白 大久保 池袋

肝斑に処方される治療薬

肝斑の治療にはトラネキサム酸とビタミンCの内服薬と一緒にビタミンC誘導体やハイドロキノンの塗り薬、もしくはトレチノインとハイドロキノン併用の塗り薬を使うことが一般的です。トラネキサム酸は色素沈着を抑制する働きがあり、肝斑には効果的な薬です。内服薬は血液によってその有効成分が皮膚の隅々にまで届けられます。

表皮の深いところにあるメラノサイトにより効果的に作用するという特徴があります。症例によってビタミンC誘導体やハイドロキノンの塗り薬も使用することがあります。外用薬は皮膚にある角質層などのバリア機能を通過してメラノサイトに到達します。ビタミンC誘導体は皮膚に浸透すると活性型ビタミンCに変わり、メラニン細胞が過剰にメラニンを生成するのを抑えます。

これによって肝斑を薄くすることができます。ハイドロキノンもメラニン細胞からメラニンが作られるのを抑え、さらに過剰にメラニンを生産する以上メラニン細胞を破壊するという働きも持っています。

皮膚科医が教えるかんぱん治療 肝斑の診断と治療の3ステップ|かんぱんINFORMATION

肝斑治療 | 山手皮膚科クリニック 新宿 高田馬場 早稲田 目白 大久保 池袋

レーザー治療は?

肝斑には一般的な高出力のレーザー治療は行わないことが常識となっています。レーザーの刺激によって肝斑を濃くしてしまう可能性があるからです。

しかし最新の治療では内服薬や塗り薬と併用して、ごく弱いパワーのレーザーでの治療や光治療を行うクリニックもあります。いずれもケースバイケースで効果がある人もあれば、濃くなる可能性もあるので、その人の症状を診ながら、内服薬、塗り薬と一緒に治療として取り入れてるようです。

具体的には、Qスイッチヤグレーザー MedLite(メドライト)C6というレーザーで炎症を起こさせないほどの弱いパワーで皮膚の中に滞留しているメラニンを少しずつ壊していくというものです。長い波長を持っているので真皮上層の皮膚の奥深くまで届き、コラーゲンの再生を促進させる効果もあるとされています。

肝斑(かんぱん)|【シロノクリニック】美容皮膚科

治療期間はどのくらい?

トラネキサム酸内服薬の場合、症状や人によって差はありますが、だいたい4〜5週間ほどで効果が現れると言われています。さらに治療を続けて、だいたい1〜2ヶ月くらいが治療期間と考えて良いでしょう。色素の沈着によって肌の地の色との明度の差があればあるほどシミは濃いと認識されます。

トラネキサム酸が効果を表して肝斑が薄くなっても日焼けによるシミなど他の原因のシミが目立つようになって、患者さんにとっては満足いくほど効果を感じられない場合もあります。またハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬は生活習慣やお肌の状態にもよりますが、およそ6〜18週間が治療期間としての目安となります。

皮膚科医が教えるかんぱん治療 肝斑の診断と治療の3ステップ|かんぱんINFORMATION

トレチノイン・ハイドロキノン療法 毛穴・シミ・小ジワ・くすみ・ニキビ・肝斑(かんぱん)などお肌トラブルを一気に解決|美容皮膚科 青山外苑前クリニック|東京港区 青山一丁目駅

保険適用はされるの?

基本的に肝斑は病気ではないので保険適用されないところが多いようです。自費診療の場合はクリニックによっても治療費にかなりの差があるので事前に調べてから行くことをお勧めします。

内服薬のトラネキサム酸は1ヶ月にだいたい¥6,000前後、ビタミンCは¥3,000くらいします。外用薬で5%のハイドロキノン配合クリームは¥2,000〜¥5,000くらい。トレチノインクリームだと約¥5,000くらいを目安としておくと良いでしょう。

ただし、クリニックによって処方する薬も治療方針まちまちです。当然診療費にも差があるのであらかじめ問い合わせをしておくことと、治療方針については納得がいくまで聞いた方が絶対に良いです。

筆者の場合、外用薬は保険適用外ですが、内服薬については保険が適用されました。クリニックによっても、また症状によっても違いがあるようですので、クリニックによってその金額はかなり変わってきてしまいます。

肝斑にかかる費用と、保険適用の有無を調査

料金のご案内 | 山手皮膚科クリニック 新宿 高田馬場 早稲田 目白 大久保 池袋

肝斑を予防するにはどうすればいいの?

肝斑とは関係ない、と思っていても、30代、40代になって女性ホルモンのバランスが変わってくると肝斑ができる可能性があります。また、肝斑を治療して治ったと思っていても、また再発する可能性だってあります。ですから普段の生活から肝斑を予防する方法があれば実践したいですよね。

生活習慣の改善が大事

肝斑の大きな原因と考えられる、女性ホルモンはストレスでバランスを崩しやすいのでストレスを感じないようにするということがとても大切です。規則正しい生活を心がけて疲労やストレスをなるべく溜め込まないようにしましょう。寝不足なども女性ホルモンのバランスを崩す要因となるので、睡眠時間はしっかりと摂るようにしましょう。

肝斑の予防方法・治し方

肝斑の予防について

食事にも気をつけよう

肝斑は女性ホルモンが急激に減少すると言われている40代に非常に多い症状です。減少した女性ホルモンを補うことには肝斑の予防にもつながります。そのためには女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンを含む大豆や大豆食品がオススメです。

大豆イソフラボンの1日の摂取目安は70〜75mgくらいとされています。成分無調整の豆乳200mlならば摂れる大豆イソフラボンはだいたい37〜45mlくらい。納豆1パックならそれだけで1日に必要な大豆イソフラボンを摂れてしまうのでお手軽ですね。

また、ビタミンB6、Eは女性ホルモンの分泌を促進してホルモンバランスを整える効果もありますから、肝斑の改善にも有効と言えるでしょう。ビタミンB6は1日の摂取を45mg、ビタミンEは700mgを上限にするようしましょう。またビタミンCには肝斑の原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあるので1日100mg以上は摂るようにすると良いでしょう。

肝斑に良い食べ物|女性ホルモンを整え美白効果が期待できる食品は?

肝斑の予防方法・治し方

紫外線にも要注意!

肝斑に限ったことではないですがシミの予防に紫外線対策は不可欠です。紫外線は肝斑ができる原因にも、悪化させる要因にもなります。ですから紫外線対策は夏だけではなく、1年中行わなくてはなりません。

日焼け止めは夏だけでなく、また外出するときだけでもなく、室内にいる時にも塗るようにしましょう。紫外線A派は曇り空でもガラス窓も通してしまいます。サンブラスや帽子、日傘ももちろん有効です。肝斑治療中だけでなく治った後も、またできる前の予防にも紫外線対策は絶対です。

肝斑の予防方法/肝斑(かんぱん)の原因と治療

皮膚科医が教えるかんぱん治療 肝斑の診断と治療の3ステップ|かんぱんINFORMATION

化粧品を変えてみる

美白ケアの化粧品を使うことも有効です。美白ケアをしても肝斑に目に見えて効果的とはいきませんが、美白ケアで肝斑が悪化するわけではありません。肝斑以外のシミが薄くなる可能性もありますし、化粧品の中には皮膚科で外用薬として処方される、ハイドロキノンやトレチノインが薬ほどではありませんが含まれているものもあります。

ただし美白ケアの化粧品は保湿には向かないサッパリとしたものが多いのも事実です。保湿はあらゆる肌トラブルにつながる乾燥を防ぐために必須です。肌のコンディションを見ながら保湿と美白ケア化粧品を上雨に取り入れるようにしてみてください。

肝斑の予防方法/肝斑(かんぱん)の原因と治療

肝斑はまず診断から!キレイに治して素肌美人に

肝斑は30代〜40代の女性に多いと言われていますが、20代でも、また男性にも発症する可能性はあります。肝斑は他のシミと同じようなケアでは良くならないことが多いですから、気になるようであれば皮膚科を受診して、肝斑かどうかを診断してもらい、肝斑であればそれに合った治療をするようにしましょう。

そして紫外線対策や食生活、生活習慣の改善など、肝斑の予防を普段から心がけて、いつまでも自慢できるすっぴん美人を目指してください。